LOVELACE

​RYAN

California 

サンタバーバラ出身のARTISTICなSHAPER 

RYAN LOVELACE.

彼のシェイプするアーティスティック且つ独創的な板は、世界中のサーファーから強く支持されています。本人曰く"僕は儲かりたいとか、有名になりたいという理由でsurfboardをSHAPEしているんではなくて、ただ自分がSHAPEしたいSURFBOARDをSHAPEしているだけなんだよ"と。。。。

  • Instagram
カリフォルニア サンタバーバラ出身のシェイパー
Ryan Lovelace. 彼のシェイプする板は芸術的な面でも

RYAN

ENGLE

​ABOUT

2002年、ライアンはdana pointにあるinfinity surfboardsにてBoehne familyの側で サーフボードシェイプを始める。 その傍ら、infinity surfboardsのショップマネージャー、チームライダーをも務める。彼はロンクポード、ショートボードを自在に乗りこなし、アマチュアサーフィンの大会でも、幾度もの好成績を収めている。さらには、彼のシェイプするロンクボードでタイラージェンセンがワールドチャンピオンになっている。2007年、ライアンはAKUシェイプマシーンという最高峰のサーフボードシェイプマシンを購入し、自身のブランドNation mfgを発足する。サーフボードをシェイプする際、ライアンが操るシェイプマシンのコンピューターによって膨大な曲線表現をもとにカットされる。一般的には約50カ所程度の数値指定でカットされるマシンシェイプだが、ライアンが指定する数は、なんと500カ所以上。500カ所以上の細密な数値を合致させて、それを”CUT”と呼ばれるマシンカットまで仕上げていく。これにより、レイル角度、丸み曲線、エッジの位置、コンケイブの場所とエリア深さ、ロッカー曲線、アウトラインと、考えられる限りの詳細なデザインを可能としている。そして、このもとになる数値こそが、ライアンが何年にも渡って集積したマジックボードのデータ値。コンピューターのデータ値を駆使し、さらにはカット後のシェイプブランクスに、ライアンがさらなるディテイルを施して完成するSurfboards by Ryan Engleのボード達。どれもがマジックボードと言えるほど、ハイスペックボードはこうして生み出される。信頼の技術こそがサーフボードをオーダーする側にとって最大の魅力、そして今回そのライアンがClub Surrrface surf shopだけの為に立ち上げてくれたサーフボードブランドSurfboards by Ryan Engle.
全ての面から完璧に計算され尽くした素晴らしいボード達を 是非とも皆さんにも体感して頂きたいです。

  • Instagram

SCOTT

ANDERSON

about

Z-boys🛹⚡️の全盛期

venℹ︎ceエリアで育ち

z-boysの創設者

スキップイングロム🕴とも

深いつながりのある

スコット🕴⚡️

Los Angelesエリアを

代表するポイント

maLℹ︎Bu🏖で

マーシャルブラザーズ、ジョシュ・ファブロー、以前はデーン・ピーターソン、ベリンダ・バグス など

彼の板に乗る

スタイリッシュなサーファーが

たくさんいます🎵

sCott Anderson🕴の

sHa🅿︎e🙌する

サーフボードたちのクオリティー

の高さ⚡️を実感していただきたいです✌︎✌︎ :➖]✌︎✌︎ 

  • Instagram
vBowlsPair